レンドリース・ジャパンの経済面での活動

経済的側面は、健全な経営判断・運営を行い、投資者・従業員をはじめとする関係者の利益、生活を確保することが最も重要な「想い」として表明しています。日常の会社運営、災害に遭遇した場合の運営。いずれもビジネスを維持継続するために不可欠の要素です。様々なリスクを検討し、レビューを続け、サステナブルな状態を保ちたいと願っています。

2011年の東北大震災に際しては、策定しておいたBCP(Business Continuity Plan)が役立ちました。しかし、その状況に満足することなく、改善、向上の努力を続けています。

 

MESSAGE

東北大震災に際して
BCPの有効性を確認