建物環境認証取得支援

建物の環境認証取得を支援します

レンドリース・ジャパンは米国グリーンビルディング協会 (U.S. Green Building Council) の会員です。同協会が普及・推進を図っている米国の 建物環境性能評価ツール: LEED  (Leadership in Energy and Environmental Design) に沿った 評価を行います。国際的には、最も認知されているツールです。

レンドリース・ジャパンには同協会で認定された評価員  (LEED Accredited Professional (LEED AP) が在籍しており、LEEDに適合する 設計プロセスが円滑に進むように認証取得の支援を行っています。また、施工段階においても 施工会社へのアドバイス、資料整理支援などを行います。

LEED 認証

LEED CI

LEED には、LEED-CI(Commercial Interior, 内装)という、テナント専用部のみの改修工事で 認証を取得できるカテゴリーがあります。ビル所有者でなくテナントとして入居している企業が 自社オフィスにおけるサステナビリティの取り組みを客観化するために効果的な認証制度です。

LEED EB O&M

EB は Existing Building (既存建物)、O&M は Operations and Maintenance (運営と維持管理)であり、 既存の建物の運営・維持管理に関するカテゴリーとなります。すでに新築・改修時にLEEDを取得した建物はもとより、 築後年月が経過した建物でも取得が可能です。省エネルギー建物管理やテナントと一体となったサステナブルな 取り組みなどが評価されるもので、環境に配慮した運営方針の継続的な実施のモチベーションにもつながります。

LEED CS

CS(Core & Shell) は主に新築テナントビルの躯体外装・共用部に適用されるカテゴリーです。 一般にテナントビルはグリーンビル評価が難しいといわれていますが、ビルオーナーの責任範囲に限定して、 省資源・省エネルギー性や地球環境への配慮を評価します。 LEED-CS を想定した設計を行うことにより テナント部分におけるLEED-CI取得が容易になるため、米国では環境配慮への意識の高いテナント企業の誘致に 寄与するという調査結果も出ています。

LEED NC

NC は New Construction (新築)のカテゴリーで、ビル所有者と利用者が一致した新築ビルを対象としたカテゴリーです。 もともと LEED はオフィスビルの環境性能評価を想定して構築されており、自社オフィスビルの評価ツールとして 米国のみならず、中国、インドなどにおいても広く活用されています。日本の CASBEE との類似点が多くありますが、 認証取得プロセスは CASBEE とは異なり施工段階での取り組みが評価対象(必須項目)となるため、 工事完成後はたとえ完成直後であっても認証取得はできません。

日本の認証制度: CASBEE

日本には、 LEED を発展改良して作られた独自の性能評価ツールである建築物 総合環境性能評価システム  (CASBEE:Comprehensive Assessment System for Building Environmental Efficiency)  があります。LEED、CASBEE いずれも建物のライフサイクルにわたって 持続可能性能を審査し改善を図る環境性能評価ツールです。 レンドリース・ジャパンには、 CASBEE 評価員が在籍しています。

赤坂本社LEED認証取得

赤坂本社

2010 年 2 月 12 日、LEED-CI(version.2.0) を申請中の本社事務所について、米国グリーンビルディング協会より「認証 (Certified)」レベル認証の通知がありました。これは建物における賃借部分の執務空間の環境性能に対する評価となっています。

今回、当社は LEED 認証取得を目指すにあたり、1) コストを最小限に抑えること、2) 新築ビルへの移転のため、既存仕様をできるだけ生かし廃棄物の発生を抑制すること、3) 日本で一般的に用いられている規格製品を用いること、の 3 点を心がけました。環境性能認証ラベリング取得においては建設コストの増大が懸念材料とされますが、コストを抑えつつ、また日本の規格製品を用いながらも認証取得が可能であることが実証されました。レンドリース・ジャパンでは、引き続きコスト等に関する詳細検証を行いつつ環境への取り組みを進めていく所存です。

レンドリース・ジャパン株式会社は、米国グリーンビルディング協会 (USGBC:U.S. Green Building Council)  の会員です。

赤坂本社では、殆ど追加工事費をかけずに LEED-CI を取得しました。

MESSAGE

世界的な評価ツール 「LEED」