グリーンビル

サステナブルな建物創りを支援します

  • 建物をグリーンにするために必要な条件はお客様の意志です。
  • 古い建物をグリーン・リファブすることも選択肢です。
  • コストを極力かけずに、グリーンビルを実現します。
 

地球で消費されているエネルギーのおよそ 40% は建物に起因すると言われています。地球環境への負荷が少ない、人にやさしいグリービルに対する社会的な要求は高まってきており、お客様が保有されている建物や施設がグリーンであるかについて、社会的な説明が求められる状況が生まれてきています。エンドユーザーであるテナントの方からもグリーンビルに入居しようとする気運が生まれています。

このようなグリーンビルの実現には何が必要なのでしょうか。一般的に、日本の環境技術は非常に進んでいると言われています。しかし、技術本位の傾向も強く、グリーンビルというと非常に高価な新技術が必要だと連想されがちです。レンドリースでは、LEEDなどの要求水準などを活用してそれぞれのソリューションを評価し、お客様のご予算とご意向に見合った最適解を導き出します。

グリーン化の対象は新築案件だけでなく既存ビルにも広がっています。古くなったビルをグリーンを意識して改装を行うことで、より意識の高いテナントへアピールでき、収益性と安定性が高くなります。これをレンドリースでは、グリーン・リファブ (Green Refurbishment) と呼んでいます。

レンドリースの考えるサステナビリティについてはSUSTAINABILITYのページをご覧下さい。

「LEED( Leadership in Energy and Environmental Design) 」については、こちら »» をご覧下さい。

 

サステナビリティ・アセスメント

レンドリース・ジャパンは、建築プロジェクトの初期段階からサステナビリティ評価を行います。 サステナビリティに係わる要素(サステナブルパラメータ)を LEEDやCASBEEの評価方法に倣って定量化することにより、計画の環境性能の低い部分やさらに 性能を高められる部分を明らかにします。初期評価をもとに、現状把握~設計~建設(改修)~運用全ての段階にわたって 修正の必要な部分を特定することが可能になります。

サステナビリティ・コーディネーション

レンドリース・ジャパンは、プロジェクトにサステナビリティ・コーディネーターとして 参画いたします。サステナビリティ・コーディネーターの役割および責任については、 プロジェクトのニーズに応じて異なりますが、発注者およびリーシング会社のお客様向けのサービスとして一般的には次のような内容があります。

  • サステナビリティ関連法令等の要件確認と対処方針の提示 (東京都環境確保条例、新省エネルギー法対応など)
  • サステナビリティ・ガイドラインの整備(お客様組織内独自の指標作成支援)
  • サステナビリティ性能向上の費用対効果の検証(ライフサイクルコスト試算)
  • プロジェクトチームあるいはお客様組織内のサステナビリティ意識向上 (トレーニングセッション、ワークショップなどの実施)

サステナブル・デザイン・ソリューション

レンドリース・ジャパンは、シドニーを拠点とし、世界各地で豊富な グリーンビルディングデザインの実績を有するデザインチーム(レンドリース・デザイン)と 連携してお客様のご相談をお受けいたします。レンドリース・デザインと連携することで、 基本構想段階でのサステナブル・デザイン業務も提供しています。
写真右:JR神田万世橋ビルの設計途中のイメージです。

設計者の選定とデザイン・マネジメント

レンドリース・ジャパンは、お客様のサステナビリティ・ガイドラインに基づく設計者選定業務を行います。設計者選定前後に、プロジェクト要求水準書(Owner’s Project Requirements)の策定を支援し、お客様の要求水準を 要求水準を 確保するために設計内容のモニタリングや、環境専門技術者・コンサルタントとの コーディネーションを行い、包括的なデザイン・マネジメントを行います。

サステナブル・コミッショニング

レンドリース・ジャパンは、設計~施工~運用段階を通してお客様のプロジェクト要求水準書(Owner’s Project Requirements)に基づくコミッショニング業務を行います。竣工時の機能や性能の確認だけでなく、要求水準書の精緻化を行い、別途工事などとの複雑な取り合いも推測して課題を洗い出し、設計者・施工者双方にとって中立的な立場でテクニカルな性能条件の設定と確認を実現します。

写真上:親会社である、レンドリース社の本社(シドニー、2004年竣工) オーストラリアで最初に同国の環境性能評価基準「グリーンスター」の5つ星を取得しました。

MESSAGE

エネルギー排出の 40% は建物から