ニュースルーム

ダウ・ジョーンズ・ワールド・サステナビリティ・インデックスに10年連続でレンドリースが選定 されました

2012年10月

ダウ・ジョーンズ・ワールド・サステナビリティ・インデックス(DJSI)の最新版(2012/9)で、レンドリースは総スコア76%を記録し、これは業界の平均スコアである43%を大きく超えるスコアとなります。

また、建築資材、環境方針/管理システム、利害関係者関与、コーポレート・ガバナンス、人的資本開発、社会的統合のカテゴリーにおいて、90%以上のポイントを獲得しています。

DJSIは米国のダウ・ジョーンズ社と企業の持続可能性評価を行うスイスのSAM社が提示する株式指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するものです。

毎年、DJSIから質問票が送られ、コーポレート部門が様々な情報を収集し、回答を作成します。

DJSIはあらゆるビジネスにおいて、企業の優良性を示す指標となる上で非常に重要なツールです。最近はアナリストや投資家がリスクフィルターとしてDJSIを利用する傾向が高まっているため、さらに重要性が増しています。

レンドリースは、2001年にDJSIが発足して以来、初めてのオーストラリアの不動産会社として選定されています。DJSIに連続して選定されているということは、我々がサステナビリティにおいてイノベーション、そしてリーダーシップを発揮し、その結果が認識されているのだと思います。

レンドリースは、これからもビジネスを展開する上で、環境、社会、ガバナンス及び経済面のバランスを取りつつ、改善を目指し継続して活動していきます。

レンドリース・グループ

グループ チーフ・エグゼクティブ・オフィサー&マネージジング・ダイレクター

スティーブ・マッキャン